【珈琲考具】見ため良し、機能性良しなコーヒーキャニスターのレビュー

コーヒー豆の保存の必需品であるコーヒーキャニスター。

珈琲考具のキャニスターは見ためも良いし、機能性も良いです。

そして、コーヒー計量スプーンを収納できるという驚きのギミックを持ってます。

 

●本記事の内容

  • 珈琲考具のキャニスターを実際の写真を使ってレビュー
  • コーヒー計量スプーンを収納できる驚きの機能性を紹介
  • 珈琲考具のキャニスターの購入方法を紹介

 

珈琲考具のファンである私がほぼ毎日使っているおすすめなキャニスターをレビューします。

お気に入りのキャニスターを使うと、コーヒーを淹れるのも楽しくなりますよ。

 

 

珈琲考具・キャニスターの基本情報

珈琲考具は新潟県燕市を拠点にしているメイドインジャパンのコーヒー器具メーカー。

どの製品もシンプルなデザインでありつつ、コーヒーの事を真剣に考えられて作られています。

そんな珈琲考具のキャニスター。コーヒー豆を保管するためには必須となります。

 

珈琲考具キャニスター
サイズ : 外径 7.9 cm × 高さ 11.4 cm
      内径 7.4 cm × 深さ 8.3 cm
      重量 165 g
容量  : コーヒー粉およそ 100 g
材質  : 18-8ステンレス
生産国 : 日本
価格  : 3,850 円(税込み)

 

珈琲考具キャニスターを実際の写真でレビュー

つや消しのステンレスのキャニスター本体
オールステンレスでシンプルかつシックなデザインの珈琲考具キャニスター。
色はつや消しのシルバーで上品さが漂う。
形状は丸みを帯びており、そこまで大きくなく、控えめでかわいらしい印象を受ける。
本体と中蓋と上蓋
本体と内蓋と外蓋の3つのパーツで構成される。
ステンレスが美しい。
上蓋を開けたところ
内蓋があるので、しっかり密閉される。
内蓋も外蓋も隙間なくピッタリしまる。それでいて、力はいらずスッとしまる。
さすがメイドインジャパンの職人仕事!

珈琲考具キャニスターの機能性と特徴

コーヒーキャニスターには下記の2点は絶対に必要

  • 密封性
  • 遮光性

 

密封性

キャニスターは二重のフタになっており、ほぼ空気の交通はない。

コーヒー豆が酸素や湿気を吸うことを防ぎ、酸化や劣化を防ぐことができる。

 

遮光性

珈琲考具の代名詞でもあるステンレス製。

光は一切、通さない。

 

コーヒーカップが収納可能な驚きの構造

コーヒースプーンは収納可能

さらに、このキャニスター、なんと専用のコーヒー計量カップが収納できる。

フタの膨れたような形状はこのためなのか!と改めて思う。

キャニスターとコーヒー計量カップは必ず一緒に使うことになるので、このセットで収納できるのはとても使い勝手が良い。

実際に使うとわかる素晴らしい機能性である。

 

およそ10g入る大きさのスプーン

コーヒー計量カップはほぼ10 g を計測できる大きさ。

 

ステンレス製のスプーン

こちらは少しツヤがあるステンレスで、ちょっと重みもあり高級感がある。

 

珈琲考具の購入は楽天エルルショップにて

キャニスターと外箱

珈琲考具の製品はエルルショップというお店が公式のオンラインショップになっている。

購入は下記の「楽天市場で見る」からどうぞ。

 

 

 

広告
珈琲考具キャニスターのアイキャッチ画像です
最新情報をチェックしよう!