【珈琲考具】リネンフィルターでコーヒーオイルを味わう贅沢な一杯を・・・

天然素材の麻(リネン)を使った繰り返し使えるコーヒーフィルター。

それが、珈琲考具のリネンフィルター。

今回はリネンフィルターのレビューをします。

 

結論からいうと、このリネンフィルター、

●珈琲考具リネンフィルターの特徴

  • コーヒーオイルを抽出できる
  • 洗って繰り返し使用可能
  • 片付けがちょっと面倒

 

リネンフィルターを使ったコーヒーの抽出方法と実際に飲んでみての感想を写真を交えて解説します。

 

珈琲考具リネンフィルターの基本情報

珈琲考具セット

天然素材でできた優しい風合いのリネンフィルター。

リネンですが、少しのコシのあるパリッとした質感で、耐久性も兼ね備えてます。

珈琲考具リネンフィルター
サイズ : 幅 18 cm × 高さ 15 cm
容量  : 一度におよそ1~4杯のコーヒーを淹れることが可能
材質  : 麻(リネン)
生産国 : 日本
価格  : 770 円(税込み)

 

リネンフィルターはネルドリップとどう違う?

ペーパードリップとネルドリップ。ハンドドリップ界のツートップです。

 

クリアで飲みやすいコーヒーになるペーパードリップ

コーヒーフィルターで最もメジャーなものはペーパーフィルター。

目の細かいペーパーフィルターはコーヒー豆の微粉をしっかりキャッチしてくれて、クリアで澄み渡ったコーヒーに仕上げることができます。

しかし、コーヒーオイルというコーヒーのコクや深みを引き出す成分まで取り除いてしまうデメリットも・・・。

ペーパードリップだとコーヒーオイルは抽出できない!

 

濃厚で豆本来の味を引き出すネルドリップ

ネルドリップは起毛した織物の布(フランネル)を使ったドリッパー。

布なので、コーヒーオイルまで抽出することができます。

ネルは繊維が太くしっかりしているため、乾かすのに時間がかかることやニオイ移りしやすいことがデメリットでもあります。

そのため、ネルドリップの保管方法は水に入れた容器につけたまま冷蔵庫で保管するのが一般的。

その水も頻繁に交換することが推奨されています。

ネルドリップは管理がたいへんで煩わしい!

 

それぞれの良いとこを持ち合わせる珈琲考具リネンフィルター

そうしたネルドリップの保管の手間を解決したのがリネンフィルター。

コーヒーオイルはしっかり抽出でき、なおかつ、天然のリネンは薄く、すぐ乾き、ニオイ移りしづらい。

使用後すぐに水洗いして、風通しの良い場所に干しておけば、3時間程度で完全に乾きます。

ほんとにすぐ乾くから良い!!

 

珈琲考具リネンフィルターでコーヒーを淹れてみる

リネンフィルターに湯通しする

まずは、リネンをなじませるためにしっかり湯通しします。

 

コーヒー豆をセット

コーヒーを中細挽きで挽いて、ドリッパーにセット。

いつもどおり蒸らしてから、ドリップ開始。

 

コーヒードームの様子

コーヒードームの様子。

 

リネンフィルターで抽出中のよりの画像

ペーパーフィルターに比べて、目が粗いためお湯が落ちるスピードが早い。

抽出のコントロールはペーパーフィルターより、少し難しいように思います。

 

コーヒーオイルも抽出されたコーヒーの完成

完成。

コーヒーの水面をよく見てみると、オイルが抽出されていることがわかります。

コーヒーの風味をしっかり感じられて、よりボディ感のあるコーヒーが淹れれます。

それでいて、微粉はほぼ含まれないようで、舌触りが不快なかんじは一切ありません。

フィルターを変えるだけで、こうも変わるのか。と思わせてくれました。

コーヒーオイルが苦手な人もいるようですが、味だけでいえば、断然、リネンフィルターで抽出したほうが美味しい。

 

片付けは、ちょっと面倒

リネンフィルターの使用後は洗って乾かす

ペーパーフィルターなら、コーヒーを淹れたあとはそのままゴミ箱に捨てるだけ。

しかし、リネンフィルターはそうはいきません。

ドリッパーに溜まったコーヒーカスをキレイに処理するのは、結構面倒。

繰り返し使えるメリットはあるものの、洗うという手間が増えるのは事実です。

片付けに関していえば、ペーパーフィルターが最強!

 

珈琲考具の購入は楽天エルルショップにて

リネンフィルターでドリップしているところ

珈琲考具の製品はエルルショップというお店が公式のオンラインショップになっている。

購入は下記の「楽天市場で見る」からどうぞ。

 

広告
珈琲考具リネンフィルターのパッケージ画像
最新情報をチェックしよう!